第4回 まだまだあった、大賑わいの施設

 さて、前回お話ししましたように、小樽では各演芸館がバラエティに富んだ演(だ)し物で観客を魅きつけていたわけですが、これが文化講演会や絵画展となると、他の施設も利用されていました。その好例が、公会堂や〈倶楽部〉という場所です。
 ここで、高田紅果の書簡に戻って見ましょう。

此月(大正11年9月)は二日ばかり前に函館へ来てゐた変態心理研究の中村古峡氏を聘して講演会を開いた、公会堂でやったんですが百五十名程の人を集めました まづ成功の方でせう 
(高田紅果 早川三代治宛書簡 大正11年9月8日)

花の盛りの頃に私達の緑人社一派と、銀行の人達や所謂邦画の紳士連中の団体吟筆会と合同で展覧会を開いたものです。
(高田紅果 早川三代治宛書簡 大正13年6月29日)
※『小樽新聞』大正13年5月17日に「小樽公会堂で絵画展覧会」の記事あり

それから引き続いて、工藤君等の紹介で東京のアムボール会といふのが帝展二科春陽会を纏めた大家達と新進作家とを合せた大展覧会の斡旋をしました、仏蘭西作家のアスラン、藤田氏のフラウ バレー女子、ラプラード、ギヨマン、ジェレニウスキー、ザッキンなどいふ人々の物も少し加へられて嘗て北海道ではない位充実した会でした。
(高田紅果 早川三代治宛書簡 大正13年6月29日)

(上記関連記事)来る十四、五、六日の三日間、小樽公会堂に現代日本の洋画壇を代表するとも云へる、帝展、二科春陽会に属する中堅作家の殆ど大部分を集めた、大展覧会が本社及び北日本社後援の下に開催されることになつた。
(『小樽新聞』大正13年6月10日)

 小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)は、明治44年(1911)、当時皇太子だった大正天皇の北海道行啓の際の宿泊所でした。わずか2泊3日の滞在のために建てられた、実に風格のある〈御旅館〉。設計は、皇室関係の建築を多く手がけていた木子幸三郎の手になるもので、建築に関する費用のすべては、海運業で財を成した藤山要吉の寄付金でまかなわれたそうです。
 行啓後は、まもなく公会堂(公衆が公益的集会を行う場所)として解放されたらしく、例えば『北海タイムス』大正6年9月10日付の、青年美術家・高田彌三吉〈注1〉が小樽で展覧会を行ったという記事にも、すでに「小樽公会堂」が会場名として記されています。

小樽市公会堂(小樽市指定歴史的建造物)小樽市花園5-2-1
昭和35年に現在地に移築された際に御殿と本館の配置が変更されたが、構えは元のまま。

 実は、日本で最も早い〈公会堂〉は、一般的には、大正7年竣工の大阪市中央公会堂とされています。一方、静岡県掛川市にある大日本報徳社大講堂は、明治36年(1903)建築で、当初は遠江国報徳社農学社公会堂と呼ばれていたそうで、こちらも日本初の公会堂として国の重要文化財に指定されています。
 恐らくこのブレは、最初からフルに西洋理念を取り入れた洋風建築という所を取るか、それとも、近代和風建築でも機能は公民館という所を取るか、という歴史的価値づけの相違にもよるのでしょう。
 ただ〝公衆の集会のための公共施設〟という意味では、小樽の公会堂も、さり気なく先端的な施設だったのですね。それに、古さも日本屈指。そして高田紅果は、講演に絵画展にと、公会堂を使いこなしています。大正13年6月には藤田嗣治やピエール・ラプラード、アルマン・ギヨマンなど、フランスの著名画家の絵も展示されたのですから、観客の方々にとっては本当にぜいたくな体験だったでしょう!

 また、もう一つの〈倶楽部〉ですが、これは、当時のイギリスにあった伝統的な紳士の社交場をモデルとした会、および、その会の建物を指す言葉でした。小樽では〈実業懇話会小樽倶楽部〉通称・小樽倶楽部が有名でしたが(現存せず)、街の名士や有力実業家が集う所ではあっても、本場のClubほど厳密な会員制ではなかったとのことです。小樽市総合博物館によりますと、小樽の歴史資料『稲垣益穂日記』で名高い稲垣益穂先生(当時、小樽区尋常高等小学校校長)も時々遊びに行ったという記述が日記に見えるそうですので、割合に出入りの自由な場所だったのでしょう。

緑人社の洋画展覧会
当区青年洋画家溝淵健児及び「生れ出る悩み」の主人公として知られる岩内の木田金次郎、及び当区舟木忠三郎、高田紅果、戸塚新太郎、羽田圭四郎の六氏は今回緑人社を組織した、同人の過半数は素人であるが両三年の努力の結晶たる作品洋画展覧会を八日(土曜)九日(日曜)の両日小樽倶楽部に於て開催する事となつた、特別出品としては有島武郎、石井鶴三、平澤大暲、工藤信太郎氏の作品が陳列される
(『小樽新聞』大正10年10月6日)

 この時の小樽倶楽部における催しは、岩内の青年漁夫画家・木田金次郎と、その小樽の友だちだった溝淵健児・船樹(舟木)忠三郎・高田紅果・戸塚新太郎・羽田圭四郎(本間勇児)、合わせて6名で結成した緑人社(りょくじんしゃ)初の絵画展でした。彼らの交友にもエピソードが一杯なのですが、とても語り尽くせないのでここでは措くとして……会場を写真で見ると、立派な洋館だったのですね(下の写真では遠くに小さくしか見えないので残念ですが)。この頃はみな20〜30代の若さ。彼らの誇らしい気持ちがしのばれます。

小樽倶楽部  小樽市総合博物館所蔵
中央遠方の小高い場所に見える建物が小樽倶楽部。左手の塔のある建物は神田館。

〈注1〉高田彌三吉は、高田紅果(治作)とは別人。大正6年10月23日『北海タイムス』に、高田紅果主催・高田彌三吉の詩及び戯曲朗読の会開催の記事が見える。

第3回 演芸館が〈濃い〉小樽

 小樽は、非常に演芸館の多い所でした。例えば大正から昭和10年代にかけては、その名が『小樽市史 第10巻』に記録として残っている館だけで17館(何回か館名が変わっても同じ館として数えて)ありました。

 ただ、小樽を知らない方にとっては、そう言われただけではピンと来ないかも知れません。

 実は、小樽市は、合併された隣接の町村や、戦後の高度成長期に開発された住宅街を除けば、昔ながらの市街地は割にコンパクトです。
 現在で言えば、稲穂町の北端から、南は南小樽駅の周辺、住吉神社を越えて勝納川あたりまで。試みに地図サイトの機能を使って単純計算すると、直線距離で約2.5kmほど。徒歩46分、ジョギング18分で通り抜けられる距離、と出ます。もちろん、道には起伏も信号もありますので、実際はもっとかかりますが……。
 そして、そこを南北に縦断する商店街のラインに沿うようにして、大正時代から昭和初期には、演芸館が、全市17館のうち14館も建っていたわけですから、平均すると、約180メートルにつき1館…歩いて約3分につき1館の演芸館が現れる計算で、これは多いと言えるのではないでしょうか?

 もちろん、これは単なる平均値です。実際は、下の図にあるように、現在の稲穂町の〈都通り〉もしくは〈稲穂大通り〉に沿うラインに4館、また、花園町の、小樽公園から水天宮まで東西に通じる〈花園公園通り〉の中心部あたりに6館が集中していました。
 しかしその他にも、手宮や色内、入舟(現・入船)など、メインの縦断ラインから少し離れた各所にも7館あったわけです。しかも、それらは一応、市の記録に残るような館であって、その他にも短期間で開いては消えた館があったらしいことは、新聞の演芸広告欄から推測できます。ですから、大正時代には市内にほぼまんべんなくあったと言っていいでしょう。そう考えると、昔の小樽の人々は、芝居や演芸を観るには大変恵まれていたことがわかります。

小樽の演芸館地図(大正〜昭和初期)
小樽の演芸館地図(大正〜昭和初期) ※昭和12年開業の小樽東宝を含む

 ちなみに、この内、明治42年に開業した神田館は、小樽における活動写真(映画)常設館第一号でした。やがて他館も映画を上演するようになり、演芸館・映画館の数もますます増えてゆくのですが、その話はまた別の機会にゆずるとして…。
 これだけの場所があれば、歌舞伎・義太夫・浪花節のような〈和〉の芸能ばかりではなく、新劇や西洋音楽なども掛けるようになるのは、ある意味当然。他館との差異化をはかるためにも、積極的にそうしたでしょう。

 中でもこの大正期、ここ小樽というだけでなく、演劇史的に大きな例を一つ挙げるなら、大正3年(1914)、島村抱月と松井須磨子率いる藝術座がトルストイ原作「復活」公演のために来樽したことでしょう〈注1〉。この時藝術座は函館・小樽・札幌・旭川の順序で巡回し、小樽公演は9月6日から10日の5日間、住吉座においてでした。

住吉座 本日より藝術座一行にて開演「復活」七場「嘲笑」二場入場料は一等一円、二等七十五銭、三等五十銭、四等二十五銭なる由  (『小樽新聞』大正3年9月6日)

 この公演中、『小樽新聞』は、上演案内や公演中の好評ぶりを報道したのはもちろんのこと、上演直前の9月2日から6日まで、匿名の「KF」氏が「復活」のあらすじを5回にわたって連載しました。それも、ストーリー概要だけではなく、各場面の見所から、松井須磨子の演技についてまで事細かく記しています。彼は函館から速報していたのか、それともあらかじめ東京で何度か観ていたのか……少なくとも、並大抵の思い入れではありません。
 新聞読者にとっては〈ネタバレ〉どころの話ではありませんが、しかし、それがまた一つの誘因材料となったのか、公演は連日の大盛況。9月8日午後2時より堺町小樽倶楽部で開催された島村抱月講演会「新劇に就て」も、400名以上の聴講者が集まったと、9日付の『小樽新聞』は報じています。

 ちなみに、この記事の末尾には「聴講者中には少数の女学生をも見受けたり」と記されています。これは、その頃まだ〝若い娘、特に女学校に通うような良家の子女が芝居などに関心を持つのはよろしくない〟という社会通念があった上に、ちょうどこの前年、抱月と須磨子の不倫恋愛がスキャンダルとなっていましたので、〝それでも抱月の話を聴きに来た大胆な娘たちもいた〟という意味で書き添えたのでしょう。
 この彼女たち、世間的には〈良家にあるまじき不良娘〉だったかも知れませんが、多分思うに、『青鞜』(明治44年創刊)で論じられるような婦人問題や、イプセンの『人形の家』(明治44年に松井須磨子主演、大正2年に抱月が翻訳出版)などにも関心が高い、トンガった知的好奇心を持つ女の子たちだったと思われます。
 
 ともあれ、藝術座の小樽公演は大成功。大入りに住吉座も満足したのか、最終日には全観客に対し、観覧料五十銭均一の大盤振る舞いでした。

住吉座
住吉座  小樽市総合博物館所蔵

 その頃の小樽と言えば、函館に次いで大きく躍進した国際貿易港でしたが、それでもまだ内地の人々などから見れば、街が開けたのが維新以降と歴史が浅いこともあって、要は物流が盛んなだけの辺境の港町、というイメージで捉えられていたでしょう。
 しかし、大正3年にして市井の人々が、「新劇なんか…」とか「西洋ものはどうも…」のような反応をするどころか、〝あの松井須磨子の藝術座が観られるのか! 抱月の話をじかに聴けるのか!〟と前のめり。新聞記者も一緒になってアツくなる、芸能文化の街だったのです。

 付け加えると、この同じ時(大正3年9月8日)、『小樽新聞』の「演芸」欄には、花園座で福田一行の新派劇「軍人の誉」「神田児」、電気館では映画「菅原道真」「木下闇」「乗逃げ」、演芸館(という館名の演芸館)では柳家芝楽一行の落語、神田館では「人の妻」「五万円」という映画、公園館では多分映画で「妖怪退治」「鉢合せ」、そして稲穂館では雲井一行の浪花節、となっています。藝術座には興味なしという人も、見るものには事かかなかったのですね!

〈注1〉「復活」はトルストイの代表的名作。ある殺人事件の公判の陪審員となったネフリュードフ公爵は、被告の女囚を見て驚く。彼女は、彼の叔母の家で小間使いをしていたカチューシャ(マスロワ)であった。かつてネフリュードフはカチューシャを愛したが、結局一方的に別れ、彼女はそれが原因で娼婦へと堕落していた……。人間の性愛・罪・改心を宗教的観点から描いた恋愛大作で、日本では明治38年に内田魯庵が初訳。昭和期に至るまで青年層に多大な影響を与えた。また、「復活」の舞台で松井須磨子が歌った劇中歌「カチューシャの唄」(作詞:島村抱月・相馬御風、作曲:中山晋平)は全国で爆発的大ヒットとなった。

〈注2〉「嘲笑」は喜劇で、舞台は日本の家庭。藝術座公演は「復活」「嘲笑」の二本立てで、須磨子は「嘲笑」の方では〈お千代〉という芸者を演じた。

第2回 洋楽ひびく小樽の街

 それでは、まず、高田紅果が取り組んだ芸術・文化の普及活動のことからお話ししてゆくことにしましょう。
 大正11年、高田紅果は、ドイツに留学中の友人・早川三代治に近況報告の手紙を書きました。早川三代治は小樽出身で、のちに経済学者にして文学者という異色の存在になるのですが、その話はまた他日にゆずるとして……その早川に送った紅果の手紙の内容は、下記のようなものでした。

また明日は早稲田の学生音楽団が錦座で三十人程のオーケストラで音楽会を開くさうです。(中略)アポロの方も少し時世に鑑みて大きな事業を慎んで、レコード演奏の地方公演をでもやることにしました、先月手初めに岩内の木田君に招かれて行って来ました。(中略)
 旭川だの倶知安だのへ折りをみて行って来やうと心掛けてゐます 会のレコードが此頃は五十枚近くも出来ましたよ。すこしづゝでもこうした財産を働いて生んでゆくことは楽しみなものですね。
(大正11年9月8日)

 この文中の「アポロ」とは何でしょうか。
 実は、前回に少し触れましたように、紅果は〈アポロソサエティ〉という西洋音楽普及団体で活躍していました。会の詳細な記録は残っていませんが、当時の新聞記事には、しばしばこの名が見受けられます。また、紅果と友人との間に交わされた書簡類の内容から見ても、彼が中心的に活躍していたのは確かなようです。
 例えば、ここに出て来る〝レコード演奏の公演〟ですが、(レコードの公演? どこかの飲食店の小部屋でも借りてチンマリとやる鑑賞会では?)などとお考えでしょうか? さにあらず! 新聞も欄を割いて予告宣伝するほどの、力の入った催しだったのです。

曩(さき)に其第五回を開催して非常の好評を博した当区アポロソサイテイ主催の第六回レコード公開演奏会は来る六月二十四日午後七時から公園通美術倶楽部に於て開かれる曲目は左の通り

△第一部
一、オーケストラ歌劇カルメン「前奏曲」メトロポリタン管弦楽団
二、バリトンソロ カルメン「トレアドルの歌」ギユセツプカンパナリ
三、ヴアイオリンソロ「マヅルカ作品一九番」ユウゼンイザイ
四、ヴアイオリンソロ「カプリスバスク」ミツシヤエルマン
五、コントラルトソロ「歌劇ミニヨンのアリア」(シユーマン****)
六、混声六重唱「歌劇ルチア」ドニゼツチ作
△第二部
一、ヴアイオリン二重奏「コンセルト」エフレムヂンバリスト、フリツツクライラア
二、ソプラノソロ「セレナアド」エンマカルペイ
三、バスソロ「メフイストのアリア」(ウラヂミルバツハマン)
四、ピアノ独奏作品四七番(シヨパン作)
五、弦楽四重奏「作品」一八番二(ベエトウフエン)
六、セロソロ「ラルゴリー」(パブロカザルス)
七、混声合唱「ハレルヤコーラス」(ビイクター混声合唱団)

(『小樽新聞』大正11年6月23日)〈注1〉

 表記が昔風なのでわかりにくいですが、この少し前に日本での演奏が大きな話題を呼んだバイオリニストのミッシャ・エルマン(大正10年来日)、エフレム・ジンバリスト(大正11年来日)、のちに伝説の歌姫と讃えられる国際的ソプラノ歌手エンマ・カルヴェなどが含まれた、聴きごたえのありそうなプログラムです。それに、記事の出だしをよく見ると、もうすでに、こうしたレコードコンサートは、「アポロソサイテイ」の主催で5回も開かれていることがわかります。

 また、手紙に「先月手初めに岩内の木田君に招かれて」とあるのは、画家・木田金次郎のこと。紅果と金次郎とは親友同士だったのです。この時のではなく、2年後の大正13年3月1日に〈小樽アポロ、ソサイエテイ主催〉のレコードコンサートが岩内町の女子職業学校において開催された際の記録が、岩内白水会〈注2〉の資料に残っているのですが、その折には100名を越す聴衆が集まったのだとか! そこから推測するに、小樽の方でも、いつも相当の入りがあったからこそ、花園公園通りのような商店街中心部の、ほかの娯楽もたくさんある場所で、5~6回以上も開催されたのだと思われます。

 さらに文面には「旭川だの倶知安だの」へも折りを見て行って開催したい、という紅果の希望も書かれています。道内に西洋音楽を広めることに、大変熱心だったのですね。

 と言っても、高田紅果がレコードばかり人に聴かせていたかというと、そうではありません。大正11年2月19日の『小樽新聞』には、〈露国名流の演奏大会 公園館に開催〉というタイトルで、「大正11年2月28日」に「アポロ・ソサイテー主催」で、前ペトログラード帝室劇場附演奏家にしてバラライカの大家アレキサンダー・ドブロポフや、バレー及び舞踏の大家たるワシリー・クルビン、ピアニストとして名のあるナタリナ・ガリナ女史らが「公園館にて大音楽演奏会」を催すと予告されています。さすがはアポロ、ロシアから本物の音楽家たちも招いていたのです。

公園館 小樽花園町
公園館(花園公園通り)  小樽市総合博物館所蔵

 ちなみに紅果は仕事で樺太(現・サハリン)に時々行っていたらしく、彼自身『樺太から』という短編小説も書いています〈注3〉。小説には音楽家のことは書かれていませんが、もしかすると国境の島・樺太で、ロシア革命から逃れてきたアーティストたちとも接点があったのかも知れませんね。

 さらに手紙には、紅果とは直接関係のない公演ですが〝明日錦座で早稲田の学生音楽団が音楽会を開く〟とも書いてありますね。この頃の小樽には、様々な庶民の芸能を見せる演芸館が多かったのですが、こうして見ると、邦楽だけではなく、様々な西洋音楽も掛かっていたことがわかります。

 次回は、その演芸館についてお話しすることにしましょう。

〈注1〉文中「*」は新聞の文字がかすれて難読の箇所。また、新聞記事はなるべく原文のまま引用したが、明らかに誤字と思われる箇所は訂正した。

〈注2〉岩内白水会は、木田金次郎とその友人たちが結成した文化活動団体。

〈注3〉文芸雑誌『群像』第6号(小樽群像社 大正11年11月)掲載。なお、紅果は『群像』の編集者でもあった。

参考:亀井志乃『緑人社の青春』(小樽文學舎 平成23年)

第1回 市井人が織りなす文学史

 今、小樽の街は静かです。
 つい数ヶ月前まで、多くの観光客や地元の人が行き交っていた街路には、人影もまばら。いつも旧手宮線のレールの上を、平均台のようにバランスをとりながら、楽しげに歩いていた子供たちの姿も見えません。明るい日射しだけが線路に満ちています。
 休館中の事務室でキーボードを叩いていると、この街に〈賑わい〉があったこと自体、遠い夢だったような気がしてきます。

 しかし、今から百数十年前の小樽は、昨今とは比べ物にならないぐらいの活気に満ちていました。いえ、明治・大正時代だけではなく、その勢いは続きに続き、昭和40年代に産業エネルギー転換(石炭→石油)によって炭鉄港・小樽から多くの企業や銀行が去るまでは、ここは、地熱のように内側から沸き上がる熱気に溢れた街でした。

 え、「歌うことなき人々の声の荒さ」ですって? 確かに、小樽についての、そんな言葉もありましたね〈注1〉。しかし、それは表面的な印象というもの。小樽の人は、ちゃあんと〝歌う〟ことを知っていました。伝統的で雅びな情趣を美しく詠いあげる人もいれば、荒々しいなりに、力強く真情を吐露する人も居て…。それぞれが自分なりのやり方で、歌ったり、書いたり、表現したりしていました。それが、昔の小樽の人々だったのです。

 例えば、明治から昭和期にかけて、高田紅果(たかだ こうか)という人物が小樽に居りました。歌人であり、小説も書いた人です。
 まだ十代の半ば、明治30年代末頃から短歌を詠み始め、同好の仲間たちと、道内で最も早い時期の文芸雑誌とされる『詩と創作』(明治44年)を世に出しました。その後も文芸雑誌『海鳥』『白夜』『おれたち』等を続々刊行。
 その一方で、小樽の同世代の若手芸術家たちとも親交を持ち、小樽や札幌で展覧会を開催。かと思えば、文化団体〈小樽啓明会〉で活躍し、東京などから著名な思想家や学者を呼んで講演会で話してもらい、さらには西洋音楽の普及に尽力して小樽でのコンサートをマネジメントするなど、驚くほど精力的に文化活動に取り組んだ人でした。
 では、彼の本業は何かというと〝保険屋さん〟です。保険といっても海上保険が中心で、いわば国際貿易に関わる仕事をするバリバリの実務者。そして、彼の文学仲間も、多くが商店の息子や店員、会社員だったのです。

 「いや、それは、その高田さんやお友達が珍しいタイプだったからでしょう」とお思いでしょうか?
 ところが、ここに、また別な例もあります。

 小樽は、短歌はもとより、俳句の結社も多いところでした。特に、明治末期に俳句の革新運動が伝わってからは、句会が一気に増加。大正時代に発足した会が29、昭和前期(終戦前)が23、昭和後期(終戦後)にも29を数えます。もちろん、短期間で解散したものから長く続いたものまで様々ですが、各時代間の重複を数えずにこれだけあったのですから、すごいものです。
 しかも、驚くのは〈職場句会〉の多さ! 
 大正から昭和後期まで、その数なんと30。小樽貯金支局の「辛夷会」、煙草専売局の「さびた会」、北海製罐の「白鯨会」、小樽新聞社の「へちま会」等々、実に様々な職場の方々が俳句を詠み、俳誌も発行していました〈注2〉。現在は高齢化の影響もあって、さすがに句会や結社は少なくなりましたが、それでも小樽俳句協会の方に伺うと、愛好者の数は決して札幌にひけをとらないとのこと。人口自体は札幌市の約18分の1であるにも関わらず、です。

 この、街に根づいた文学トピックの多さと、そこに関わってきた市井の人たちのバイタリティこそが、小樽という街の、本当の面白さのみなもとなのではないでしょうか。このことを顕彰するモニュメントは何もありませんが、ある意味で、往時の雰囲気を残している小樽の街角そのものが、彼らにとっての記念碑だとも思えるのです。

戦前の絵葉書「小樽港の偉観」 個人蔵

 従来、文学館の展示においては「あの頃の小樽」シリーズで少しずつご紹介していた、街の発展や変化と共にたどる文学史。展覧会を開くことができない今回の自粛期間をきっかけとして、私は、この〈小樽人の文学史〉を、web上で少しずつ発信してゆこうと思い立ちました。
 なお、小樽はもともと、日本全国からの色んな人々の出入りが、すなわち活力のジェネレーターとなっていた街ですから、この稿での〈小樽人〉には、生まれ育った人だけではなく、立ち寄ったり暮らしたりした人々も含まれます。そしてもちろん、老若男女の別はありません。それでは、どうか気軽におつきあいください。

市立小樽文学館学芸員 亀井 志乃

〈注1〉石川啄木「かなしきは小樽の町よ 歌ふことなき人人の 声の荒さよ」
    『一握の砂』(明治43年)所収。小樽水天宮啄木碑の碑歌(昭和55年建立)。

〈注2〉参照:小樽俳句協会『小樽の俳句』(昭和53年)